帝王切開後の産後ダイエットは何をしたらいいの?

産後ダイエット,帝王切開

 

帝王切開をした場合、一般的な産後ダイエットとは違った配慮が必要です。
体にメスを入れているため、入院での安静が通常より長くなりがちですが、焦る必要はありません。

 

例えは、2ヶ月の安静期間がかかった場合でも、産後の母体は産後6ヶ月は痩せ易い状態なので、残り期間分余裕があります。大丈夫。本格的なダイエットは、傷口をきちんと治してから行いましょう。

 

さて、傷の回復を待つ間、2ヶ月も動かないでじっとしているのも辛いものですよね。
そういう時は「産褥体操」を行うと良いでしょう。

 

産褥体操は、体型をスリムに戻すためのエクササイズではありません。ですが、体の血行を促進し、次のような効果が期待できます。

  • 悪露(おろ)の排泄をスムーズにする。
  • 妊娠で緩んだ筋肉の疲労回復を助け、引き締める。
  • 産後疲れや子宮や骨盤の歪みの回復
  • 母乳の出を良くする。
  • 便秘の予防。

  …etc

 

母体の気分転換や回復を早める点で、本格的なダイエットのリハーサルには最適です。

 

産褥体は、寝ながら足先を軽く動かす程度の軽い体操から開始して体の回復具体と相談しながら徐々に運動量を増やしていく体に優しく安全な体操なので、帝王切開後でもはじめられます。

 

具体的な体操方法を簡単なものから3つ紹介します。

 

膝をまっすぐにし、足首を上下に曲げ伸ばし、ふくらはぎを伸び縮みさせます。行う際は仰向けで横になったまま、座った状態どちらでもかまいません。
膝をまっすぐのままカカトをぴったりとくっつけ、足首を左右にゆっくり開閉させます。太ももの内側の筋肉が動くのを感じてください。
ぴんと背筋を伸ばし正面を向いたら、そのまま頭を前後にゆっくり動かします。頭を前に倒したときは背中が、頭を後ろに倒したときは胸からお腹にかけてが伸びてるのを感じてください。

 

帝王切開後は安静が第一ですが、安静が長引くと体の動きが鈍くなりやすく、その負担が育児にも影響しがちです。

 

傷口が回復してきたら徐々に体を慣らし、育児が始まってもストレス無くスムーズに日常を送れるよう、ゆっくり準備を整えておきたいものですね。
そして、酵素ドリンクも帝王切開には影響ありませんし、副作用もないので早めにはじめておくとよいでしょう!

関連ページ

産後4カ月でも痩せる?
産後数ヵ月経ったら痩せることが難しくなる?そんなことはありません。産後4か月でも痩せる、様々な方法をご紹介します。